看護師資格の有効期限

看護師資格に有効期限はありません。看護師資格は1度合格すれば、一生有効です。

看護師の資格と看護資格の有効期限

看護師になるための国家試験である「看護師国家試験」は、毎年5万人以上の受験者がいます。

「看護師国家試験」は難しい試験の1つですが、合格率は毎年90%と大変高いです。

慢性的に人手不足な看護師の就職率はほぼ100%です。

また、看護師資格は1度合格すれば、一生有効です。

看護師の資格に有効期限はないので、子育てなどで休職しても、復職しやすいのが看護師という職業です。

そして、病人は不景気に関係なくいるので、看護師の仕事に景気・不景気は関係ありません。

最近では男性の看護師さんも年々増えてきています。私が勤務している病院でも男性看護師さんが働いています。

男性看護師さんは女性の私たちには力のいる仕事でも軽々としてくれ、とても頼りになる力強い存在です。

看護師は「人の役に立つ」「人から感謝される」仕事です。

私も患者さんが元気になれるよう日々サポートをしています。

その患者さんの「笑顔」や「ありがとう」のひと言で、今までの「大変なこと」も「辛い」ことも「疲れ」も吹っ飛びます。


次の記事  あこがれの看護師になろう -看護師の資格と看護資格の有効期限-   准看護師とは
前の記事  あこがれの看護師になろう -准看護師とは   看護師の資格について
ホームへ  あこがれの看護師になろう -看護師の資格と看護資格の有効期限-   あこがれの看護師になろう