看護師の職場と仕事

保健分野で働く保健師の仕事について説明します

保健分野で働く保健師の仕事

保健師とは保健所や保健セーターに公務員として勤務する 公務員看護師のことを言います。

保健師は看護師資格取得後「保健師学校」や 「保健師・看護師統合カリキュラム」を採用した学校で 「保健師養成課程」を履修し「保健師国家試験」に合格する必要があります。

保健師の仕事としては地区活動や健康教育・ 保健指導などを通じて、地域住民の疾病の予防や健康増進など 公衆衛生活動を行い、地域看護のサポートが保健師のおもな仕事となります。

保健師は、乳幼児の発達相談や、生活習慣病のの検診、結核・エイズの検査、 育児教室や病気予防教室をひらくなど、 地域の保健にかかわるさまざまな看護の仕事を保健師はしています。


産業保健師として働く保健師

企業に所属している看護師のことを「産業保健師」とよびます。 大企業では、従業員の健康を守るために「健康管理室」や「健康管理センター」などを設置しています。 そこでも看護師や保健師が活躍しています。

「産業看護師」は企業で働く従業員に対して「定期健康診断」や「健康管理相談」を仕事としています。 また、企業の業種による「職業病」などの知識も要求されます。 最近では、体の健康相談以外に、心の相談が増えています。

また、中年男性に多く見られるメタボリックシンドローム対策も 産業看護師の仕事となります。


学校保健師として働く保健師

学校でお馴染みの「保健の先生」は児童や生徒、職員の怪我に対応するために 保健室に勤務してる看護師で「学校保健師」とよびます。

学校保健師の仕事として児童、生徒の「健康診断」や「怪我」の手当て以外にも、 最近では不登校やいじめなど、心のケアをすることも多くなってきているようです。 なお、保健の先生になるには「養護教諭」の資格が必要です。

保健師の資格を有している者は、都道府県の教育委員会に申請するだけで、 「養護教諭2種」の免許が取得できます。

学校保健師は、保健師の活躍の場の1つであり、 保健師免許を持つ養護教諭が広く求められています。

私の周りに保健師がいないので、アドバイスはできません。ごめんなさい。

保健師。資格の勉強が大変そうですね。。。